ハムスターにかじかじミニコーンを与えてみた。

わが家のハムちゃん

食べものの好き嫌いがわかりやすい。

とくにコーンが大好きなんです。

えさの時間に数粒ずつコーンとひまわりの種をいれてあげるのですが

コーンだけ、その場で食べきり

あとは頬袋にいれて隠しにいきます。

あきらかにコーンだけ食いつきが違う。

そんなハムちゃんにかじかじミニコーンを買ってきた。

ハムちゃんと同じくらいの大きさのカラフルな乾燥ミニコーン。

与えてみると早速とびついてきた!

固定できないからコーンが動きまわって、結構苦戦している様子。

ようやくとれた一粒をとって食べている。

そのあともひたすらガリガリ…

ん?音がとまった。

どうやら隠しにいっている。

↓黄色い粒がおわかりいただけるだろうか?

また戻ってきてガリガリ。

そして隠す。

10分後くらいに見にいったら、すでに半分ない。

コツをつかんだみたい。

しばらくしてみてみたら、コーンの芯さえ見当たらない…

やけに床材がもりあがっている

さては隠しましたね…

キレイに粒がない芯を隠しもってました。

芯もガリガリするのにはいいのだろうか…?

いや、でも置いておくのは嫌なのでとりだしました。

結局30分くらいで全ての粒をとりさったけど、どれだけ食べているのやら。

隠している割合の方が多そうだが、かじり木などをいれていないので噛むだけでもよさそう!

これはリピート確定。

コーン好きなハムちゃんはお試しあれ〜